S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス

ガバナンス

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスは、透明性の高い安定したベンチマークを長期にわたり金融業界に提供しており、当社のコア・バリューに合致し、適用される全ての法令及び規制や、業界の基準及びガイドラインに準拠した質の高いベンチマークを提供することに努めています。S&P グローバルの企業倫理規範や、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの方針及び手順では、効果的なガバナンス・プログラムの実施に向けて基準を設定しています。これらの厳格かつ包括的な方針や手順は、利益相反を避け、指数を透過的に管理し、ベスト・プラクティスを導入する上での当社の長年にわたる取り組みを反映しています。


ガバナンスの枠組み

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスのガバナンス及びコントロールの枠組みは、ベンチマークの完全性及び品質を守るとともに、適用される規制上の基準及び一般に認められた業界慣行を遵守するように設計されています。この枠組みには、ベンチマークの開発、維持、及び配布の独立性や、利益相反を効果的に抑制及び管理するための組織全体にわたる機能及び職務の明確な分離、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの方針及び手順を効果的に監視・維持・執行する監視機能、厳格なクオリティ・レビュー・プログラムなどが含まれます。当社では、指数委員会の独立したガバナンス機能や、法務機能、コンプライアンス機能、及びリスク管理機能からの継続的な監視、サードライン保証プログラムを通じてこのプログラムを適切に執行することに努めています。


補足データ

ブラジル (英語)

ブラジル (ポルトガル語)

コロンビア (英語)

コロンビア (スペイン語)

欧州(英語)

イスラエル(英語)


お問い合わせ先

法務部

legalsupport@spglobal.com

コンプライアンス部

spdji_compliance@spglobal.com

顧客サービス

index_services@spglobal.com

証券監督者国際機構(IOSCO)原則の遵守

  • 証券監督者国際機構(IOSCO)原則の遵守

    S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスは、証券監督者国際機構の理事会が2013年7月付けで公表した金融指標に関する原則(以下、「IOSCO原則」という)を遵守しています。当社では、IOSCO原則に明記されている多くの基準に則した慣行、方針、及び手順を取り入れており、IOSCO原則が公表されるかなり前からこれらに取り組んでいます。例としては、商業的機能とガバナンス機能の分離や、メソドロジーの透明性などが挙げられます。当社では毎年、独立系の保証プロバイダーを雇うことで、IOSCO原則の遵守状況をレビューし、その結果を公表しています。

    遵守状況のレビュー
  • 指数業界団体のドキュメント

    指数業界団体のベスト・プラクティストとの一致に関するS&P ダウ・ジョーンズ・インデックスのサマリー・レター

    要約の報告書
  • 内部監視

    S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス内部監視委員会は、コンプライアンス機能、法務機能、及びリスク監視機能からの代表者で構成されています。同委員会の使命は、ベンチマークのガバナンス基準、品質基準、及び運営基準に対するS&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの遵守状況を監視することです。同委員会は数ある責務の中でも、方針に対するS&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの遵守状況をレビューし、適用される規制の変更を監視することで、指数ガバナンス機能の上部組織としての機能を果たしています。

  • EUのベンチマーク規制に関するよくある質問(FAQ)

    新しいEU規制は、EU域内において金融指標として使用される指数の使用、指数の提供、指数への貢献に対して2018年1月1日から適用されます。よくある質問(FAQ)では、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスに関連するこの規制の目的、タイミング、及び要件について、質問と回答を紹介しています。

ポリシー

  • 苦情に対するガバナンス

    S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスは、全てのフィードバックを真摯に受け止めます。当社の従業員は、電話またはサードパーティーが管理するウェブ・ベースのツールを通じて懸案事項または苦情を匿名で投稿することができます。ベンチマークの管理プロセスに関連する外部の苦情は、電話または当社のウェブサイト (「Contact Us」 のページ). を通じて投稿することが可能です。全ての苦情は、当社の 苦情処理方針 に従ってレビュー・処理されます。

  • サードパーティーに関するガバナンス

    データの完全性は当社の指数作成プロセスにとって重要であるため、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスでは、データ・サービスを提供する全てのベンダーを高品質のコントロール水準に保っています。 データ提出者行動規範 では、算出プロセスにおいて指数の構成銘柄を評価し、価格を付けるためのインプット・データ(規制を受けていないデータ)を提供するベンダーに対する期待度について概説しています。

指数ガバナンス

  • 指数委員会及びガバナンス機能

    S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの指数委員会は、指数のガバナンス組織として機能しており、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの指数のガバナンス、維持、及び公表を監視しています。指数委員会は、指数がそれぞれのメソドロジーに従って維持されるように努めており、指数が所定の目的を引き続き達成できるように全てのメソドロジーをレビューするとともに、指数及び/またはメソドロジーの変更を監視しています。指数委員会の全てのメンバーは、一定の資格要件、在職期間要件、経験要件を満たす必要があります。

  • 利害関係者の関与

    指数や、指数の予想される進化に関して完全な透明性を確保するために、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスでは相談要請プロセスを設けており、指数メソドロジーの重大な変更の可能性に関してフィードバックを提供するように利害関係者に依頼しています。相談要請の通知と結果は 当社のウェブサイトに掲載されます。

「処理中です」 ...